格安スマホのメリット・デメリットはほぼ半々

yuka862_mobile15185035_tp_v

メリット

1・まずはなんと言っても月額料金が安くなります。

大手キャリアでスマートフォンを持っていた時は月に8~9,000円支払っていたのに現在は約3,000円と圧縮することができました。

在宅ワーカーや主婦の方など、自宅で過ごす事が多い方ならWi-Fiを活用して通信量を抑えれば安いプランで契約できます。

2・「しばり」期間が短いです。

大手キャリアですと大体契約に「2年しばり」があり、他のキャリアへ移ろうとすると2年待つか1万円ほどの違約金を支払うしかありません。

格安SIMはこの「しばり」の期間が短いので(例・OCNモバイルoneの通話SIMで6か月)万が一サービスに不満が出た時も安心です。

デメリット

1・若干混雑に弱いです。

大手キャリアの通信帯域を借りて運用しているので通勤通学の時間帯や人の多い繁華街などでは少々速度が落ちます。

2・新幹線車内の無線LANが使えないこともあります。

東海道新幹線のN700系や東北新幹線のE5系など、車内で無線LANを使える車両がありますが、運営会社によっては

利用できない場合があります。

3・メールアドレスが変わります。

電話番号はMNPで継続して利用できますがメールアドレスはキャリアとの契約解除と共に利用できなくなってしまいます。
LINEを活用するかGmailのアカウントを取得しておくとよいでしょう。