AuBee eim 6800yen

ある意味でタイトルで終わってしまう話なのですが、4インチ液晶のAndroid端末です。販売店によっては格安simカードまで付いて6800円。この価格帯まで来ると格安スマホの中でも間違いなく最安値の部類だと思われます。

この価格ですから、もはや使う方といいますか購入される方、あるいは購入を考えられている方も、機能や性能などは「割り切って」おられますが、その割り切るラインによって、この端末の評価が決まってしまうところです。当然、ゲームや動画などを楽しみたい、Instagramに綺麗な写真をアップしたい、などと考える方にはまったく向いていない端末です。

また液晶のタッチ感覚がお世辞にも良好とは言えず、LINEのちょっとした入力にもストレスを感じるときもあります。バッテリーも1700mAhと、昨今のアプリを常用するには少々心もとなく感じられます。

しかしそんな欠点を覆すほどに大きな利点は、2016年現在であってもFOMA回線のSIMが使える、この一点です。いまは契約もできないDOCOMOのタイプSSプランなどの格安通話コースで契約したSIMを利用している場合など、ここに価値を見出す方には、間違いなく選択肢に入る端末のひとつだと断言できます。